本西翼税理士事務所は大東市にある税理士事務所です。個人事業主様の日々の記帳から申告までのサポートに特化しております。 白色申告の方もしくは、青色申告でも特別控除の金額が10万円の方または、特別控除が65万円でも経理処理で非常に難儀をされている方は一度当事務所にお問い合わせください。

下請に向けて開催するインボイス説明会の冒頭でいうべきこと

下請け業者である免税業者向けに説明会を開催する企業も増えてきました。

説明会を実施する際は、冒頭で次の2点を伝えるようにした方が良いでしょう。

・インボイスを発行しない業者へは値引きを実施するかどうか

・インボイスを発行しない業者とは今後取引を継続するかどうか

免税業者にとって最大の懸念であるこの2点を冒頭で明示することによって、各下請先がインボイス制度を我が身のことと捉えることができ、その後の説明も話を聞く態勢になると思われます。

 

インボイス制度の概要を説明会の冒頭から時間をかけて長々と行うことは控えた方が良いでしょう。そこで集中力が奪われてしまっては、最も大切な値引き云々の話が消化不良となってしまいます。

そもそも税の専門家とは言えない自社の経理部門が、免税業者や下請けに対してインボイス制度の説明会を行うことにいくばくか無理があります。

「値引きをするかしないか」だけをはっきりと明示し、制度の説明は税務署の説明会を案内する方針の方が無難だと言えます。

 

当事務所はインボイスに関して出張説明など行っております。

ご用命あればお申し付けください。

最新投稿

  • 下請に向けて開催するインボイス説明会の冒頭でいうべきこと

    下請け業者である免税業者向けに説明会を開催する企業も増えてきました。 説明会を実施する際は、冒頭で次の2点を伝えるようにした方が良いでしょう。 ・インボイスを発行しない業者へは値引きを実施するかどうか ・インボイスを発行 …

  • 税務調査で納税者が評価されること。「悪質な納税者か、善良な納税者か。」

    納税協会や税理士会の会報では、新年の抱負として税務署長など、税務署幹部クラスの方がメッセージを寄せられていることがあります。 それを見ておりますとよく見かけるフレーズがあります。 「悪質な納税者には厳しい対応を。善良な納 …

  • 税務調査での「お土産」

    税務調査において、調査官から直ちに納得できない修正事項を指摘されたとき、これを我慢して受け入れて納税を行い、それによって調査を早く終わらせるという考えがあります。 これをお土産と言います。これについて良いとか悪いとか税理 …

  • 地方自治体の事業者向け補助制度

    事業者向けの補助制度は、市役所などの自治体レベルでも色々なものがあります。 事業者向けの補助金|吹田市公式ウェブサイト (city.suita.osaka.jp) サンプルとして吹田市を上げますが、 ・特許取得支援 ・展 …